目指すはド派手な”お葬式”。ご機嫌な選択で人生に花マルを【株式会社Workaholic:三浦 大志】

人生の価値を、何で測ろう。

世に数多の人生幸福論があふれ、SNSにはそれっぽい名言が流れ、書店には著名人によるキャリアの自己啓発書が並ぶ。どれもが正解であり、そして正解ではない。生き方や働き方について、ありがたい言葉がびっしり書かれているが、自分の言葉でない以上それらはただの借り物に過ぎない。

結局のところ、自分の人生の価値を測るのは、自分の”物差し”なのだ。

それを教えてくれた男がいる。

三浦 大志32歳。バブル後の不景気に大企業の相次ぐ倒産、東日本大震災、コロナ禍といった激動の時代を生きる「ゆとり」最後の91世代。社会全体の”正解”が瓦解した世代にとって、自分の幸せを自分で定義し、人生の価値基準をつくり出すのは必然だったかもしれない。

人生最期の瞬間、自分の人生を振り返って花マルをつけられるか。揺れる30代。採点基準を持つ男の言葉から、そのヒントを探る。

株式会社Workaholic 取締役
三浦 大志

見出し1

見出し2

見出し3

あなたのGRANDSLAMでの歴史や物語を記事として形に残し、メディアに掲載しませんか?

ご相談はGRANDSLAMスタッフまでお気軽に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です